2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・鎌倉遠征期 PART5

今日と明日は鎌倉について書きます。

日曜日はガンバが不甲斐ない負けをした後だったので
観光案内してくれる、あひなさんとりーりさんのテンションを気にしていたのですが
そこはやっぱり頼れるお姉さまお二人!
待ち合わせ場所ですでに気持ちを切り替えておられましたm(_ _)m



横浜から鎌倉まで行って、江ノ電に乗車♪
僕らが乗った車両だけちょうどクーラーが壊れているという不運もありましたが
この日は天気がいい具合に曇っていたので思っていたよりうんと過ごしやすかったです
窓から見える景色が都会の風景とは違いのんびりとした感じでよかったですよ。

myabi 6036

myabi 6035

「鎌倉行くなら、まずは大仏だろう」という事で
「長谷」で降りて高徳院の大仏を見に行きました。

感想は・・・思ったより小さい
無茶苦茶巨大な大仏をイメージしてましたから(^^;)
奈良の大仏は建物の中にあるから大きく感じるのかな~
でも、敷地に入ってすぐに見えてくる大仏、荘厳ではありました!!

あと、大仏の中にも入れるという点は画期的(?)システムですね
しかも入場料20円!!!!
中は30人も入れば満員になる感じでしたが
大仏の中の継ぎ目が見れる大仏は滅多に無いですよね
見る価値はあります♪

そして大仏の裏側には実は窓があったんですよ~
これに一番驚いたかもw

myabi 6093

myabi 6042

myabi 6047

myabi 6049

続いて向かったのは近くにある「長谷寺」

ハスの花も綺麗ではありましたが・・・やっぱりあじさいが見てみたかった。
今度鎌倉に来る時はあじさい見て行きます!!!!!!
来年は6月にマリノス戦がありますように。
願いよ、届け(><)

あと、このお寺にあった金色の観音様は綺麗だったな
由比ガ浜の景色もすごく綺麗に見えました♪
拝観料300円はリーズナブル!
鎌倉が安いのか京都が高いのか・・・。

myabi 6050

myabi 6052

myabi 6094

myabi 6058

その後「成就院」と「極楽寺」を見て回り
「極楽寺」駅から「鎌倉」まで戻ります

「成就院」は名前の通り縁結びのお寺でもあるらしいです
りーりさんやあひなさんも賽銭箱にお金を入れておられましたm(_ _)m
ここは、あじさいが咲くシーズンは無茶苦茶綺麗なお寺だと思います!!!
この日は人が少なかったけど、6月は人でいっぱいだろうな~

myabi 6096

myabi 6097

「極楽寺」は・・・名前だけで向かいましたが、それほど見所は無いかも(^^;)
でも、桜の季節は桜が綺麗だという話はされていました。

myabi 6065

myabi 6066

myabi 6067


次回はこの旅最終回です。

● COMMENT FORM ●

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

おとがみさんw

悲しいお知らせが…
6月は多分ワールドカップ予選が佳境に入るからJは中断だよw

よって、おとがみさんも代表戦行こうよ♪

>ふろぽんさん♪
まじですか(><)(><)
じゃあ純粋に鎌倉に旅行行こうかな・・・

代表戦な・・・玉先生だけでなく明神先生も選ばれたら
有無を言わず行きたいけどな~
とりあえずはゆるキャラ祭りに行きたいですけどね♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://otogami0609.blog60.fc2.com/tb.php/923-550581e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横浜・鎌倉遠征期 PART6 «  | BLOG TOP |  » 横浜・鎌倉遠征期 PART4

押して頂けると励みになります

にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ

最新の記事

こちらもよろしければm(_ _)m

SOUL OF KOBE

カテゴリー

カテゴリー 記事数
全記事一覧
未分類 21
訪問者の方へ 4
プロフィール 2
日記 157
サッカー一般 31
ガンバ大阪 229
バルセロナ 72
ヴィッセル神戸 18
日本代表&ワールドカップ 74
スポーツ一般 11
音楽一般 48
GOING UNDER GROUND 19
ミスチル 10
お笑い 13
映画 10
今気になる人 8
神戸紹介 13
13
バトン 28
おとがみファミリー 12
ゲーム 0

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

おとがみファミリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。