2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサネタ他

早く寝ないとあかんけど少しだけ書きたいことがあるので

それを書かせてもらって寝ますm(_ _)m


まずバルサネタ

レアル・マドリーのシュスター監督「バルサに勝つのは不可能だ」

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20081208-00000014-spnavi-socc.html

例年なら

「ふん、どうせリップサービスか、油断させるための作戦やろ」

と思ってると思う。

でも、この発言は間違いなく本音な気がする。

今年のバルセロナの強さ

ロナウジーニョがピークだったときのバルサに匹敵するか

もしかしたらそれ以上かもしれん

ハッキリ言って・・・

今のバルサはサポーターでも怖いぐらいに強い。

攻守の切り替えの早さ

前線の選手の追い込みもものすごいレベルで機能している。

現役時代に贔屓目で見ていた僕でさえ

開幕前、グァルディオラの監督としての才能を、疑問視していたけれど

彼は1年目で結果を出して見せてしまった。

本当に、本当に、本当に恐れ入ります・・・

あと、個人的にはね

ダニエルアウベスがかわいくてかわいくて仕方ない

両サイドがあがってしまい2バックになってヒヤヒヤする事もたまにあるけど

彼の攻撃への意欲は人を魅了する何かがある

今、バルサのユニフォームを買うなら間違いなくダニエルアウベスだな~

一番好きなのはやっぱりシャビだけど(はぁと)

今週末にある「クラシコ」

バルセロナがレアルに圧勝するシーンしか思い浮かびませんが

なんだかんだで現在の順位が当てにならないのもクラシコの面白いところ

でも・・・ 

今年は回復出来ないぐらい凹凹にしてやるぜぃ♪

アンリの調子が戻ってきている今ならそれも十二分に可能。

今週末、カンプノウにバルサの新しい時代が始まった事を象徴づける結果が待っている










・・・・はず。



続いてクラブワールドカップ


名古屋でのクラブワールドカップ、完全に参戦が無理になりました

元々帰りの交通手段が無いのでかなりのスケジュールになる事は覚悟していたけど

試合を最後まで見れなくてもなんなら最悪雰囲気だけでも味わいたかったな・・・。

そこで、僕自身勘違いしてしまい相手チーム側のゴール裏を買ってしまってはいますが

もしよろしければチケットが1枚余っていますので

メールフォームよりご連絡ください。

おそらく相手側もガンバサポーターで埋め尽くされると思いますのでそんなに問題無いと思います。

価格はもちろん定価にてお譲りしますが送料(速達のみ!)のご負担はお願いしますm(_ _)m

なお、申し訳ありませんがお譲りする方以外には

メールの返事を致しかねるかもしれませんのであらかじめご了承ください。

(返事をする場合は水曜日の朝までには必ずしますので)

● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なんとv-237これないのかv-40
もし、来れたら当日の昼間に名古屋・栄の松坂屋でグランパス師匠が登場するイベントもあって一石二鳥だったのにv-40
とりあえず、幹部を代表して行って来ますぜv-42
と、いうワタクシはわざとガンバ側を買わなかったふざけたヤツですw


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://otogami0609.blog60.fc2.com/tb.php/953-6fe194df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バルセロナ2-0亀マドリー «  | BLOG TOP |  » o(;△;)o

押して頂けると励みになります

にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ

最新の記事

こちらもよろしければm(_ _)m

SOUL OF KOBE

カテゴリー

カテゴリー 記事数
全記事一覧
未分類 21
訪問者の方へ 4
プロフィール 2
日記 157
サッカー一般 31
ガンバ大阪 229
バルセロナ 72
ヴィッセル神戸 18
日本代表&ワールドカップ 74
スポーツ一般 11
音楽一般 48
GOING UNDER GROUND 19
ミスチル 10
お笑い 13
映画 10
今気になる人 8
神戸紹介 13
13
バトン 28
おとがみファミリー 12
ゲーム 0

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

おとがみファミリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。